20代で戸建てを購入する

メリット

①支払った分財産として残る

賃貸住宅は「住む場所を借りる」だけの住まいですので、毎月家賃を払い続けても自分のもとには何も残りません。しかし、同じ家賃のように支払うなら戸建住宅を購入して住宅ローンの返済に充てた方が得策です。毎月支払う住宅ローンの返済が終われば、その家は自分の財産として手元に残ります。

②長期のローンが組めるため毎月返済額が少なくて済む

長期間の住宅ローンが組みやすいのも、20代で家を建てるメリットです。住宅ローンは、年齢を重ねるほど返済期間が短くなり、月々の返済額も多くなります。

③返済額が少なくて済む

20代の人はあまり多額の融資が受けられません。これは、年収や勤続年数あどもローンの審査条件となるためで、収入が少ない20代だと大きな金額のローンを組みにくいのです。一見、デメリットのように聞こえますが逆にいえば「少額し借りられないのだから、返済額も少なくて済む」ともいえます。

④老後資金の準備に余裕ができる

年齢を重ねるほど病気になる可能性も高くなります。健康な期間が長い20代から住宅ローンを利用した方が、病気になって多額のローン支払いが困難にあるというリスクも妨げます。

デメリット

①将来設計ができないまま住宅ローンを借りると、返済がきつくある。

②選べる住宅ローン商品が少ない場合がある。

③住宅ローンの借り入れ可能額が、少ない可能性がある。

④住宅借入等特別控除が満額控除されない。

20代で住宅ローンを借りることがおすすめな人!

今の家賃と住宅ローンの返済額が変わらず勤務先の拠点が変わらない人現在支払っている家賃と住宅ローンの返済額が変わらなえれば、今まで家賃を払っている実績があるので、住宅ローンを借りても安心です。また勤務先の拠点が変わってしまうと購入した住宅に住めない、通勤に時間がかかり交通費が増えるという心配もありますが、拠点が変わらないのであればその心配もありません。