「団信」への加入の仕方を考える

「団信」と一般的な生命保険の違い

団体信用生命保険と民間の生命保険の内容は重なり合うので、住宅ローンを申し込むならいずれかに一本化すべきです。どちらが良い・悪いというのではなく、自分に適合するほうを選びましょう。

ローンの残金が支払われる「団信」

工事の未払い金が支払われる「ぽけっと団信」

団信と生命保険のダブりをなくす

団信信用生命保険(以下、団信)は、加入者が住宅ローンの返済中に死亡または高度障害状態になった場合に、生命保険金により住宅ローンの残金が返済されるという仕組みの保険です。団信への加入は、「新規に生命保険に入る」ことと同じですから、現在契約中の生命保と保証内容が重なっていたら保険料を無駄に支払うようなものです。団信に加入する場合は、すでに契約している生命保険を解約した方がい場合もあります。

団信は「加入が必須条件」ではない

団信は、必ずしも加入しなければならないものではありません。民間金融機関の住宅ローンのほとんどは、団信への加入を絶対条件としていますが、フラット35の場合は原則事項という扱いのため、生命保険を代用することができます。また、団信の保険料率は年齢に関係なく一定ですが、生命保険の保険料は若いほど安くなります。生命保険には、タバコを吸わない、メタボ予備軍ではないなど、健康な人ほど保険料が安くなるというメリットもあります。

建築中のリスクを解決する団信が登場

団信は融資実行(引渡し)後の保障になるため、工事着工から竣工までの建築中は保障の対象になりません。そのため、万が一この期間に建て主(住宅ローンの借り手)が死亡・高度障害状態になった場合は融資が実行されません。そうなると、遺族の負担で工事を続けるか、所有権を放棄するか、完成させて転売するかなど、難しい対応を迫られます。こうした事態に備える保険として登場したのが、融資実行前団体信用生命保険「ぽけっと団信」です。この保険で未払い金5000万円までは賄えますので、不安な人は加入しておくことをお勧めします。

団信などの保障にはいろいろなタイプがある